【看護師の就職&語学留学】どちらを先にする?まず就職がベストな理由

色鉛筆 ナース×英語

こんにちは、熊猫(くまねこ)です。

今回は、主に看護学生さん向けに「就職が先か、留学が先か」こんなお話をします。

 

今は看護師目指しているけど、子どもの頃から留学もしてみたかった

こんな方も多いのではないでしょうか。

わたしもその一人でした。

わたしは看護師経験10年弱、その中で語学留学1回、ワーホリ1回を経験しました。

この経験から、

看護師スキルと語学力がイイ感じに相互作用する、おすすめのライフプランをご紹介します。

貴重な20代、時間をムダしたくない方へ、

20代・生き方の設計図』として参考にしてくださると嬉しいです。

この記事を書いた人
ナース熊猫(くまねこ)

ナース歴約10年
留学1回&ワーホリ1回
中国で看護師、NZで介護職を経験
英語・中国語で患者さん対応可
転職・派遣の経験多
『看護師しながら、やりたいこと全部しよう!』

ナース熊猫(くまねこ)をフォローする

まずは就職してから留学しよう

病院

理由① 新卒教育のカリキュラムに乗っかれる

病院の新人教育はカリキュラムがしっかりしていて、看護師の技術、観察、考え方などを基礎から学べます。

先輩も新人という扱いで指導してくれます。

大きな病院の教育体制なら、「先輩を見て覚えなさーい」などと放り出されることはありません。

 

また、同じスタートラインに立つ同期の存在は、しんどい時期の支えになりますよね。

このカリキュラムに乗っからない手はないと思います。

理由② 帰国後の再就職がしやすい

看護師経験1年以上、できれば3年程度あれば、帰国後の再就職がしやすいのは明らかです。

帰国後、運よく『語学力を生かせる職場』の求人を見つけても、「看護師経験〇年以上」という条件を満たせず諦める、なんてことにもなりかねません。

ちなみに、語学力を生かせる看護師求人ってあまり多くないんです。なのでタイミングが合ったときには逃したくないですよね。

参考記事:語学が出来る看護師の需要は?活躍できる職場11選

理由③ ワーホリで看護師経験生かしたバイト可能

看護師経験を積んだうえで留学・ワーホリに行くと、現地の看護師資格がなくても、病院でのボランティアや、老人ホームでのボランティア・アルバイトなどが可能です。

わたしの場合ですが、ニュージーランドでのワーホリ期間中、老人ホームでヘルパーとして働きました。

勤務中は、看護師スタッフと話をしたり、記録を読んだりして医療英語を学ぶことができ、

帰国後に外国人患者さんの対応をするのに役に立ちました。

 

外国人患者さんの対応、自分が出来たらいいな

 

せっかく留学に行ったら、こんな思いになりますよね。

『留学中にいろんなことを最大限学びたい』という方には、看護師経験を積んでからの渡航をオススメします。

【ワーホリ経験談】看護師は老人ホームで働いて英語力UP!

新卒・未経験で留学してしまうと損!

目を閉じた犬

損すること① 学校で習ったことを忘れる

これ、シンプルにもったいないです。

国家試験を受けたばかりの基礎知識パンパンのうちに、現場で動いたほうが、スキルとして深く定着します。

卒業後すぐ留学→就職という順序だと、頭に入れただけの知識は忘れてしまうので、また勉強しなおしになるでしょう。

損すること② 『既卒・未経験』は就職に不利

学校を卒業後、就職しなかった場合、世間での扱いは「既卒・未経験」

学生時代に勉強したことを忘れており、ゼロではなくマイナススタートだと判断されます。

なかには、採用してくれ、新卒のカリキュラムに乗せて育ててくれる病院もあるでしょう。

ですが、同期と呼べる存在はいないかもしれません。

せっかく「語学力有り」でも、看護師として臨床経験がないと就職時の強味にはなりにくいです。

損すること③ ワーホリで出来るバイトが限られる

ワーキングホリデーでのアルバイトと言えば、

国にもよりますが、ホテル、カフェ、農園・果樹園などが代表的です。

もちろんこういったアルバイトもいいですが、

看護師経験があれば医療福祉系のバイトの選択肢も増えます。

帰国後また看護師をする考えだったら、少しでもメディカル関連のバイトをしましょう。

必ず今後の糧になります。

 

現実的なことを言えば、

「○○(国)にて老人ホームでの就労経験あり」など、履歴書に書くにも見栄えがしますし、

面接時にも医療系の経験として言いやすい、というメリットもあります。

【留学後…】語学を生かせる仕事はあるか?

多言語

留学やワーホリで身につけた語学力、できれば仕事で生かしたいですよね。

ですが残念ながら、語学力を生かす看護師の仕事は多くはありません

数多くないので、理想の求人に巡り合えるかはタイミングが大切です。

どんな仕事ができるのか、あらかじめ情報収集しておきましょう。

ここでは、語学を生かす看護師の仕事について、いくつかご紹介します。

語学を生かせる看護師の仕事

さまざまありますが、一例はこんな感じです。

【語学を生かす看護師の仕事】

  • 外国人受け入れ病院・クリニック
  • メディカルツーリズム(医療観光)に注力する健診センター
  • インターナショナルスクール&幼稚園
  • 外資系企業の産業看護師
  • 製薬会社(治験コーディネーター)
  • 美容クリニック(中国語の需要高)
  • ツアーナース

外資系企業や教育機関などは、そもそも定員1人だったりするので、募集がめったにないのが現状です。

お目当ての職種があれば、あらかじめ転職サイトに登録しておくのも良いですよ。

たいていの転職エージェンシーでは、良い募集があった際に担当者さんが知らせてくれます。

語学が出来る看護師の需要は?活躍できる職場11選

「病院で外国人患者さんの対応がしたい」は叶う?

わたしが留学を終えて、再就職するときの希望がまさにコレでした。

外国人患者さんの対応がしたい!

結論から言うと、一般病院でも外国人対応をする機会はあります

ですが、頻度は多くありません。←ここ大事。

 

わたしは留学後、外国人患者が多いと有名な総合病院の見学に行ったんですが、そこで看護部長さんに言われたのが、次の言葉。

ちょっと長いですが、けっこう刺さる内容なので読んでみてください。

「ここは外国人患者さんが確かに多いですが、外国人専門ではなく、地域の人も利用する病院です。

ここで働けば英語が活かせると聞いて、留学経験のあるナースが多く就職しているので、各病棟に1人2人は、英語を話すナースが配置されている状態です。

ですが実際は、しょっちゅう英語で対応する場面があるわけではありません

あくまで通常の看護業務がメインだと思ってください。」

就職後にガッカリすることがないようにと、このような説明をしてくれました。

外国人が多く訪れる病院でも、現実はこんな感じなんです。

病院に就職するなら、あくまで看護師の通常業務が主な仕事

このことは忘れないようにしましょう。

 

ちなみに、わたしはその後、別の公立病院の救急部門に再就職しました。

外国人患者さんの対応は、だいたい年4~5回ほど

あとは至って普通の看護業務でした。

幸い、前述の看護部長さんの助言のおかげで、「語学を生かす」ことへの過度な期待は捨てられたので、仕事は続けられました。

「外国人患者さんの対応をより多くしたい」という方は、

病院ではなく、都市圏の『英語が堪能な院長が経営するクリニック』などが良いと思います。

このあたりも、転職エージェンシーの担当者さんが情報をくれることがあります。

まとめ

今回は、「看護師もしたい、留学もしたい」という方に向けて、両方を叶える効率的な動き方をご紹介しました。

ちょっとまとめますね。

【就職?留学?】まずは就職が良い理由3つ

① 新人教育をしっかり受けられる
② 帰国後の再就職がしやすい
③ ワーホリで看護師経験生かしたバイトが可能

逆に、就職しないて留学してしまうと後々こんな損をします。

【就職しないで留学】損すること3つ

①学校で習ったことを忘れる
②『既卒・未経験』は就職に不利
③ワーホリで出来るバイトが限られる

そして留学後、『語学を生かす仕事』がしたい方に、再就職の現状をお話しました。

〇語学を生かせる看護師の仕事は多くない。

〇転職エージェンシーなどを利用して数少ないチャンスをつかもう。

〇病院での外国人対応は、チャンスはあるけど過度な期待は△。あくまで普通の看護業務がメイン。

前提として、看護師の夢も留学の夢も、両方かないます。

看護師は基本的な経験・スキルがあれば、再就職がしやすい職業。

ぜひ留学など、他のやりたいことも諦めないで、欲張ってほしいなと思います。

↑これ、一番言いたかったことです。

看護師の仕事があるから、大丈夫ですよ。人生欲張りましょう。

以上、アラフォーおばちゃんのお節介でした(笑)

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました